メイン コンテンツにスキップ

The Saitama Inaho Cup Inter-High School English Debate Tournament

埼玉いなほカップ高校生英語ディベートコンテスト

最新情報
埼玉いなほカップ
昨年のコンテスト
第7回コンテスト
第6回大会
第5回大会
第4回大会
ジャッジの先生方へ
全国大会ルール
組み合わせ
大会結果
立論集
論題集
出場申込書
第4回全国埼玉大会
English
FAQ
お問い合わせ
リンク
サイト マップ
メンバーのログイン

大会要項→English

 


 

 

第9回全国高校生英語ディベート大会論題

 

フローシート(旧フォーマット)

チェアパーソンスクリプト(旧フォーマット)

ジャッジシート         

 

 

The 9th Saitama Inaho Cup Inter-High School English Debate Tournament
Sponsored by

The Saitama Senior High School English Education&Research Association

 

 

 

     埼玉県高等学校英語教育研究会(高英研)主催

     「回埼玉いなほカップ高校生英語ディベートコンテスト」開催要項(予定)

     (第9回全国高校生英語ディベート大会埼玉県予選)

 

     1 目  的  ディベートをとおして生徒の英語での表現力やコミュニケーション能力を育成する。

             また,社会の様々な問題に興味・関心をもつ態度を養う。および,教員の研修とする。

 

     2 主  催 埼玉県高等学校英語教育研究会(高英研)

     3 後  援  埼玉県教育委員会

 

     4 日  時  平成26年11月1日(土)

            (毎年11月第1土曜,またはこの日に近い開催可能な日に実施します

            8:15受付・組み合わせ発表  8:30諸注意 / ジャッジミーティング  
            9:00予選R1  10:30予選R2         12:00予選R3

           13:30予選R4  15:00決勝・代表校決定戦  16:00閉会式

 

     5 会  場  さいたま市立浦和高等学校

             〒330-0073 埼玉県さいたま市浦和区元町1-28-17 
             JR京浜東北線「北浦和」駅東口下車徒歩12

 

    

            

     6 大会形式  予選4試合後,決勝・代表校決定戦 チーム数などにより変更もある。

             (組み合わせは予選第1試合は抽選,2試合目からはパワーペアリングによる)

              全国大会のルール変更があり、「いなほカップ」もそれにならいます。

              立論への質問が2 分、アタックとディフェンスが各3 分になります。

              詳しくはHEnDA.jpでご確認ください。


     7 表  彰  カップ,盾,賞状(優勝・準優勝・3位),ベストディベーター賞,パフォーマンス賞

     8 参加資格 埼玉高英研の加入校である。12チーム以内。他は全国大会ルールに準ずる。

             年度途中でも加入できます。連絡先:大宮高校高連研事務局

     ・参加校が30校になった場合は2チーム出場はできません。

     ・参加校が30校を超えた場合は出場できない場合もあります。

     ・2チーム出場を希望する学校には前回大会上位チームから順に出場権を与えます。

      (前回2チーム出場の場合は順位の高かった方で判断します)

     ・2チーム出場次点校のBチームは補欠チームとして参加していただきます。

     ・30チーム以内でも2チーム希望校のうち前回最下位校のBチームを補欠チームとします。

     ・1チームの登録は4~6名。試合への出場は4人で,試合ごとに入れ替え可能。

     どうしても3人しか集まらない場合はご相談ください。お問い合わせ

     ・1チームにつき1名以上のジャッジ(先生など)を派遣してください。

     ・1チームにつき1名以上のチェアパーソン,タイムキーパーができる人(生徒など)を同行させてください。

 

     ・2チームの場合,「強いほうをAチームにしてください」というお願いはなくなりました

 

      ・全国大会要項からの参加資格抜粋

        ・日本の高等学校在学者または高等専門学校の3年までに在学の生徒

        ・全国高校英語ディベート連盟の「メイク・フレンズ憲章」を厳守できる生徒

        ・英語のネイティブスピーカーは不可

        ・以下の海外生活経験者等の条件に該当するものはチームに2名まで
         (1)英語を第1言語とする国で12ヶ月以上滞在経験のある生徒(就学前の滞在は不問)
         (2)英語を第2言語とする国の出身である生徒(就学前の滞在は不問)
         (3)家庭で常用的に英語を使っている生徒

         ただし、該当生徒で各試合に出場できるのは1名までとする。(試合ごとの変更は可能)

 

重要:参加資格についての説明

 

各試合の審査は基本的に,主催者が招待するチーフジャッジ1名(招待ジャッジ)と,対戦校以外のチームからのジャッジ2名(派遣ジャッジ)との合計3名で行います。各試合の進行は,各チームからのチェアパーソン(1名)とタイムキーパー(1名)とで行います。両チームからその試合には出場しない生徒などを1名ずつ出していただき,その試合のチェアパーソンかタイムキーパーのどちらかを担当していただきます。

 

チーム(各校ではない)はジャッジ1名以上とチェアパーソン(またはタイムキーパー)1名以上を必ず出してください。大会が成立しません

 

ジャッジには特別な資格は必要ありません。ジャッジの先生方へ(To the judges)を見てください。大会ルールおよびジャッジ基準を理解し実践してくださる方であればどなたでもかまいません。日頃チームの指導をされている先生ならば最適です。ぜひ研修会,練習会にジャッジの練習をしに来てください。「英語だから」などと言って,ルールやジャッジ基準を知らないALTなどに丸投げするなどの無責任なことは絶対にしないでください。ただ英語が分かるというだけでは本大会のジャッジはできません。深刻に考えすぎる必要はありませんが,生徒はジャッジの審査を受け入れるしかないということを忘れないでください。

 

棄権は認めません。万一,やむを得ない理由で出場できなくなった場合,すぐに知らせください

 

しかし,残念ながら当日や前日などに突然出場できなくなった場合があります。本大会には偶数チームの出場が必要です。そのため,補欠チームが必要になります。2チーム出場希望校のうち次点となった学校のBチームを補欠チームとします。つまり,2チーム出場を希望する場合は次点になったら必ず補欠チームを出す責任を負います申し込みが30チーム以内でも2チーム希望校のうち前回最下位校(前回2チームの場合は順位の高かった方で判断)Bチームを補欠チームとします2チーム次点校は必ず補欠チームを出してください

 

補欠チームは大会当日まで出場機会があるかどうか分かりません。申し訳ありませんが出場する準備をして必ず会場まで来てください。出場できる場合は他の出場チームとすべて同じ条件で出場できます。選手登録については2チーム出場の場合と1チーム出場の場合とで柔軟に変更を認めますのでお申し出ください。

 

上記のジャッジ,チェアパーソン,タイムキーパー,補欠チームなどについて不都合なことがありましたら,どんなことでも結構ですので,遠慮なく,申し込みや大会の直前ではなくできるだけ早くお問い合わせください

 

 

     9 論  題

 

The Japanese government should abolish nuclear power plants.

日本政府は,原子力発電所を廃止すべきである。是か,非か。

NB: Please note that the wording of this topic is not the final version yet; just the debate AREA has been decided. We will be debating on nuclear power plants, but the framing may be different. The wording will be surely  be modified later, and an official, concrete definition of each term  will surely be added when the call for participants gets released around June. 

 

 詳しくはHEnDA.jpでご確認ください。

 

 

           

 

    10 その他別に定めのない限り、フォーマット、ルール、参加規定、語句の定義などは全国大会に準ずる。

          「全国大会ルール」 

 

 

全国高校英語ディベート連盟より各校に大会要項等が配付されます。そちらでご確認下さい。

また,新しい情報が入り次第,メーリングリストや本ホームページ上でお知らせします。

県大会・全国大会の様子を高英研紀要『会報』に載せてあります。参考にしてください。

 

上位2校(または3校)に全国大会(静岡県12/1314)への出場権が与えられます。県大会と違うメンバーで出場することも可能です。出場権が放棄された場合は次点校に権利が移ります。

 

    

    《今後の日程》 あくまでも予定です,詳細はMLで連絡します。

 

    モデルディベート     7月 4日(金) 15:30 大宮高校

     (見学希望の方はできるだけ事前にご連絡下さい,ディベーターも大募集中

 

        練習会・研修会1  7月 25日(金)13:30  さいたま市立浦和高校
        練習会・研修会2  8月   2日(土)  9:00   浦和北高校
        練習会・研修会3   8月 15日(金)  9:00   浦和北高校
        練習会・研修会4   8月 22日(金)  9:00   浦和西高校
        練習会・研修会5   9月 15日(月)  9:00   春日部女子高校(サマーカップ
        練習会・研修会6   9月 28日(日)  9:00   伊奈学園高校
        練習会・研修会7 10月 12日(日)  9:00   大宮高校
        練習会・研修会8 10月 25日(土)13:30   さいたま市立浦和高校
         (ジャッジ研修会・顧問意見交換会も予定しています)


         組み合わせ作成 10月  8日(水)13:30   さいたま市立浦和高校
         (係が厳正公平な抽選で決定します。大会当日まで主催者も含めて誰にも知らせません)


        ウインターカップ    2月 上旬                  未定

 

   出場申込み 9月  8日(月)~ 9月19日(金)

      申し込みhttp://saitamainahocup.com/application.aspx


ご意見,ご質問,興味・関心のある方は,ご連絡ください。ML参加希望の方もご連絡ください。

ディベートを始めたい高校生のみなさん、先生方、大歓迎です!ご連絡お待ちしています。   

   お問い合わせ

 

「埼玉いなほカップ高校生英語ディベートコンテスト」HPhttp://saitamainahocup.com/

新「埼玉いなほカップ」MLHPhttps://groups.google.com/forum/?hl=ja#!forum/saitamainahocup

新「埼玉いなほカップ」メーリングリスト(ML)投稿用アドレス:saitamainahocup@googlegroups.com

「全国高校英語ディベート連盟(HEnDA)HP」:ようこそ! HEnDA.jphttp://HEnDA.jp/